WEB制作ってどんなもの?

WEB制作に欠かせないSEO対策とは お問い合わせ

WEB制作の見積書作成のポイント

WEB制作の見積書を作成するにあたって、技術的な観点と、ビジネス的観点の2方向からレビューを受けるといいと思います。レビューするのは、技術的観点はコーダーやエンジニア、ビジネス側はプロデューサーやプランナーにあたる人が見るといいと思います。それ以外にもあらゆる職種、職位をすべて巻き込むつもりで体制づくりをしたほうが、効率的になると思います。また、責任の所在とWEB制作見積書の編集作業の便宜上、ドキュメントの編集者を決定して、見積資料に作成者を明記することをおすすめします。

また、見る対象に合わせて内容をかき分けるのもいいと思います。発注者向けの見積書は、そのデータと根拠を明確に、制作者内部向けのものは経緯の分かる情報まで詳細にするといいでしょう。ちなみにこの時、粒度の細かい制作者向けの見積書をベースに発注者向けのドキュメントを作成すると楽で効率的になると思います。

もし、レビューや発注者等との間で折衝が合った場合はどういう経緯で何を変更するのか、変更箇所と責任を明確にしたほうがいいと思います。他にもフィードバックを得る場合は、発言者とコメントを記録しておいたほうがいいです。また、そのフィードバックに対する回答と結果を、具体的に見積もりを修正したのかしなかったのかなど明確にするといいでしょう。また、こうした内容に対する本音や根拠はさりげない会話や過去の事例の中にも隠れてることがあるため、オフィス内を歩き回って情報収集するのもありだと思います。

最終的に見積書としては、あいまいさをなくすことが一番の目標と言えると思います。契約の完遂まで見積もり作業は発生し続けるかもしれないという心づもりで、発注者には毎回歯切れのいい対応ができるように万全にしていけるようにするといいでしょう。