WEB制作ってどんなもの?

WEB制作に欠かせないSEO対策とは お問い合わせ

WEB制作におけるデスマーチ

WEB制作の途中、制作メンバーが対応しきれる以上の負荷がかかり続ける状態のことを、俗にデスマーチなどと呼ばれています。制作者の疲弊はもちろん、成果物そのものに悪影響を及ぼし、発注者にまで巻き込んで負担が及ぶ可能性があるとおもいます。なんとかサイト公開にこぎつけたとしても、制作費用の追加請求はWEB制作においては難しく、プロジェクト関係者全員にしこりが残ってしまう可能性もあります。

デスマーチが発生する要因として主に2つが挙げられます。1つ目スケジュールと作業量に見誤りがあり、制作が間に合わない時、そして要件定義と詳細見積もりがミスしている場合の2つに起因してることが多いと思います。不確定要素を見つけたらまず、それが致命的かどうか、もし致命的ならいつその内容を確定させるか、そして発注者との再度すり合わせを行い、その結果がどうだったかという手順で不確定要素を潰していくことが大事だと思います。

現状のWEB制作現場において、プロジェクトマネジメントはデスマーチを完全になくすことのできる万能薬とは言い切れませんが、逆にプロジェクトマネジメントの配慮不足や不明点の放置などがデスマーチを起こす致命的な起因になることが多いと思います。わからないことを恥ずかしがらず、何が不確定なのかをしっかりと書き出して整理することが大事だと思います。普段メモを取っている紙やツールで疑問点を書くスペースを設けて、書き留めて整理する行動サイクルを作るようにするといいと思います。また、詳細見積もりを作成したら、周囲に協力してもらい、入念に確認することも大事だと思います。特に新人プロジェクトマネージャーの場合、発注者に気を使って鋭く突っ込めない、打ち合わせの都度持ち帰り宿題が発生してしまう、根拠のゆるいバッファを設けてしまうなどしてデスマーチ発生の要因になりがちなので気をつけたほうがいいと思います。